自民党

世襲制限、骨抜きに 改革本部提言案 具体策は見送り

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自民党の党・政治制度改革実行本部(塩崎恭久本部長)は13日、党本部で総会を開き、党改革に関する提言案をまとめた。国会議員の世襲制限に関しては、当初検討された世襲制限の具体策は軒並み見送りとなった。

 実行本部は近く、安倍晋三首相に申し入れる。提言案では、世襲について「配偶者及び3親等以内の親族が同一の選挙区で当選したことがある」と定義。…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

あわせて読みたい

注目の特集