メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

「2040年」を越える地域ビジョンを=中央大教授・宮本太郎

 「2040年」問題が焦点になりつつある。団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる25年はもう目前で、次に控えるより高い峰だ。この峰を越えることができるかが、地域と国の持続可能性を決すると言っても過言ではない。総務省や厚生労働省なども相次いで2040年に関する研究会報告や推計を発表している。

 2040年とはどのような年なのか。それは人口減少のなか、世代間の支え合い困難と地域間の不均衡が、互いに絡み合いながら限界点近くまで達する年である。

 世代間の支え合い困難から言えば、まず、高齢世代のさらなる高齢化と単身化、低所得化が進む。高齢人口の…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文694文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 堺市立小教諭、教え子の中1少女にキス 口止めも 強制わいせつ容疑で逮捕

  4. 日中合同追悼の集い 強制連行、悲劇訴える靴 6830人分、それぞれに命と家族 /東京

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです