性的少数者支援

シェルター計画

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 生活が困窮して住まいを失った性的少数者が自立するための「住居」を確保しようと、支援団体などが、個室シェルターの運営を計画している。ホームレスの一時保護に使われる宿泊施設は性別ごとの相部屋が多く、抵抗を感じたり入所できなかったりする当事者は少なくない。資金は100万円を目標に寄付を募る予定で、13日…

この記事は有料記事です。

残り111文字(全文261文字)

あわせて読みたい

注目の特集