連載

創作の原点

芸術・文化の世界で活躍する著名人の方々に、それぞれの「創作の原点」を聞いた。

連載一覧

創作の原点

演出家・宮田慶子さん 「祭りを仕切る」楽しさ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
宮田慶子さん=東京都渋谷区で、玉城達郎撮影
宮田慶子さん=東京都渋谷区で、玉城達郎撮影

 2010年から8年間務めた新国立劇場演劇部門の芸術監督を8月末で退く、演出家の宮田慶子さん(61)。所属する劇団青年座の作品以外にも、翻訳劇やミュージカルまで、幅広い演出経験を持つ。その原点には、学生時代に仲間と共に舞台を作り上げた充実感や達成感があった。

 元々シェークスピアやテネシー・ウィリアムズの作品が好きな文学少女だった。「中学で演劇部に入って、初めは先輩たちにくっついてシェークスピアを読んでみる程度でした。高校からは演出一本。自分が本で読んでいた世界を同級生の俳優が演じて、裁縫に興味ある人が衣装を縫ってくれて、装置や照明をお願いして舞台が仕上がる。演出はお祭りを仕切っているような楽しさがありました」

 大学でも演劇部に入ったが「本気で芝居がやりたい」と中退。芝居を片っ端から見て選んだのが劇団青年座だった。「決め手は、若手によるスタジオ公演をまとめて見たこと。新劇の劇団なのに、若手が破天荒な芝居を楽しそうに作っている。きっといい劇団に違いないと考えました」

この記事は有料記事です。

残り1446文字(全文1883文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集