メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気鋭に迫る

タイトル取り、進学に満足 将棋棋士・高見泰地(25)

初タイトルを獲得した高見泰地叡王=東京都渋谷区の将棋会館で、丸山進撮影

高見泰地(たかみ・たいち)

 新たなタイトル戦としてスタートした叡王戦を予選から勝ち上がった。今年4~5月の決勝七番勝負で金井恒太六段(32)に4連勝し、プロ入り7年目で初のタイトル獲得。その後の1カ月は取材や原稿依頼に追われ、「本来やらないといけない将棋の研究がほとんどできていない。タイトル一つだけでこんなに忙しい。ずっとオフがないのにタイトルを持ち続けている羽生(善治竜王)さんの偉大さを改めて感じました」。

 幼稚園に通っていた6歳の頃、父が買ってきたボードゲームセットにオセロやバックギャモンなどさまざまな…

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1052文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 元農水次官、長男殺害で懲役6年の実刑判決 東京地裁

  3. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  4. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

  5. 2019年ヒット商品ベスト30 1位は女性も着る作業着「ワークマン」 2位は「タピオカ」 3位は「PayPay」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです