メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気鋭に迫る

タイトル取り、進学に満足 将棋棋士・高見泰地(25)

初タイトルを獲得した高見泰地叡王=東京都渋谷区の将棋会館で、丸山進撮影

高見泰地(たかみ・たいち)

 新たなタイトル戦としてスタートした叡王戦を予選から勝ち上がった。今年4~5月の決勝七番勝負で金井恒太六段(32)に4連勝し、プロ入り7年目で初のタイトル獲得。その後の1カ月は取材や原稿依頼に追われ、「本来やらないといけない将棋の研究がほとんどできていない。タイトル一つだけでこんなに忙しい。ずっとオフがないのにタイトルを持ち続けている羽生(善治竜王)さんの偉大さを改めて感じました」。

 幼稚園に通っていた6歳の頃、父が買ってきたボードゲームセットにオセロやバックギャモンなどさまざまな…

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1052文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです