特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

1週間 猛暑の中、撤去続く 泥とがれき、住民ら汗だく

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
災害ゴミを撤去する自衛隊員=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月13日、平川義之撮影
災害ゴミを撤去する自衛隊員=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月13日、平川義之撮影

 西日本を襲った記録的な豪雨は、岡山、広島両県などに大雨特別警報が発表されてから13日で1週間となった。高温注意情報が出された被災地では住民や消防隊員、自衛隊員らが、今も町を埋め尽くす泥やがれきを片付ける作業に追われた。【信田真由美、柴山雄太】

 大規模な浸水被害を受けた岡山県倉敷市真備町地区では13日、自衛隊によるごみの撤去が始まった。現地では水が引いて、住宅の片付け作業が続いているが、室内から運び出された家具や家電のごみが日を追うごとに増えている。道路脇には、背丈ほどの高さにまで積まれたごみが、壁のように連なっていた。

 この日、自衛隊員らは重機を使い、次々と大型トラックにごみを積んでいった。ただ、空いた場所には住民がすぐに別のごみを出すため、新たなごみの山ができる状態が続く。

この記事は有料記事です。

残り730文字(全文1073文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集