メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

暑さ指数

3連休「危険」 被災地、熱中症警戒を

被災地の最高気温と暑さ指数の予想

 気象庁は13日、太平洋高気圧が強まる影響で、14~16日の3連休は、西日本豪雨の被災地を含む広い範囲で気温がかなり高くなると発表し、熱中症への注意を呼びかけた。熱中症の危険度を示す「暑さ指数」は、中国、四国の主な被災地で最高の「危険」か2番目の「厳重警戒」とされ、炎天下での救助・捜索活動や被災住宅の片付けなどの際は、入念な暑さ対策が必要だ。

 気象庁などによると、主な被災地の3連休中の最高気温は、岡山市36~37度、広島市35度、松山市33…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです