メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

磯遊び体験

「番神自然水族館」60年ぶり復活 新潟

磯遊びを楽しむ参加者たち=新潟県柏崎市の番神海水浴場で2018年7月8日、内藤陽撮影

 新潟県柏崎市の番神・西番神海水浴場に今年、自然の岩場を利用した「番神自然水族館」が60年ぶりに復活した。同市に日本海側初の海水浴場が開場してから130周年に当たることを記念して市などが企画したもので、インストラクターの指導を受けながら多くの親子連れが昔ながらの磯遊びを楽しんでいる。【内藤陽】

 昨年は天候不順のため市内の海水浴場の入れ込み客は例年より20万人少ない60万人にとどまった。今年は昨年以上の来訪に期待がかかる。

 このため市などが用意したのが「番神自然水族館」での磯遊び体験だ。同水族館は自然の岩場に取ってきた魚を放す生けす式で、地域住民の有志が1932年に整備。戦時中の休止を挟み、50年に再開したが、波による浸食で岩が崩れ54年には水族館としての役割を終えた。その後も休日などに浅瀬で小魚やカニなどを取って遊ぶ人の姿も見られた。

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文687文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  2. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  3. 「習志野隕石」船橋にも落下していた 7月の「火球」破片、国立科学博物館が確認

  4. 愛知の新規感染者125人 7日連続で100人超

  5. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです