メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

ボランティア奔走 3連休延べ1.8万人超か

家の前にたまった土砂をかき出す高校生のボランティアら=広島市安芸区矢野東で2018年7月14日午前9時49分、大西岳彦撮影

 西日本豪雨の被災地は14日、3連休の初日を迎え、ボランティア活動が本格化した。全国から大勢の人が駆け付け、酷暑の中、土砂の撤去や家屋の掃除、家財道具の片付け、支援物資の仕分けなどに奔走した。

 全国社会福祉協議会によると、13日午後8時現在、12府県58市町で災害ボランティアセンターが設置された。特に被害の大きい広島、岡山、愛媛3県の社協は、3連休で延べ計約1万8000人以上のボランティア活動を想定している。

 大規模な浸水被害が出た岡山県倉敷市真備町地区では、14日朝から多数のボランティアが被災家屋の片付け作業に取り組んだ。

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文861文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  3. 二“人”六脚-保護犬イブと暮らして 熱中症でやせるイブ 犬にかまれ大けがも やがて穏やかな表情に

  4. 河井案里議員の秘書、有罪確定へ 連座制適用認められれば当選無効に

  5. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです