メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最高裁

裁判員「有罪」を覆した高裁無罪判決を初の破棄

 鳥取県米子市で2009年、ホテル支配人を殺害したとして強盗殺人罪に問われた同市の無職、石田美実被告(61)の上告審判決で、最高裁第2小法廷(鬼丸かおる裁判長)は13日、逆転無罪を言い渡した2審・広島高裁松江支部判決(17年3月)を破棄し、審理を同高裁に差し戻した。小法廷は「2審判決は間接証拠の総合評価を欠き、1審判決の不合理さを具体的に示していない」と指摘した。

 裁判員制度が始まった09年以降、裁判員の有罪判決を覆して全面無罪とした2審判決が最高裁で破棄される…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文596文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 将棋 藤井七段、最年少新人王に 31年ぶり更新
  2. 東京・高円寺 郵便局に刃物男、何も取らず逃走
  3. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  4. 堺・弟殺害 父殺害容疑で再逮捕 遺体から睡眠薬
  5. 赤痢菌 宿坊で42人感染 湯葉刺しなど食べる 山梨 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです