メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

大関・栃ノ心にも暗雲 右足親指故障か

玉鷲(左)に小手投げで敗れた栃ノ心=名古屋市のドルフィンズアリーナで2018年7月13日、兵藤公治撮影

栃ノ心は、押し相撲が身上の玉鷲に立ち合いから押し込まれた。右四つ左上手を取る得意の形を作りはしたが、小手に振られると力なく土俵に転がった。風呂から右足を引きずって支度部屋に戻ると、大きなため息をついて「指をちょっと」。駆けつけた春日野部屋付の岩友親方(元前頭・木村山)には「折れてはいないと思うけど外…

この記事は有料記事です。

残り58文字(全文208文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです