メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

大関・栃ノ心にも暗雲 右足親指故障か

玉鷲(左)に小手投げで敗れた栃ノ心=名古屋市のドルフィンズアリーナで2018年7月13日、兵藤公治撮影

栃ノ心は、押し相撲が身上の玉鷲に立ち合いから押し込まれた。右四つ左上手を取る得意の形を作りはしたが、小手に振られると力なく土俵に転がった。風呂から右足を引きずって支度部屋に戻ると、大きなため息をついて「指をちょっと」。駆けつけた春日野部屋付の岩友親方(元前頭・木村山)には「折れてはいないと思うけど外…

この記事は有料記事です。

残り58文字(全文208文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 若者や子育ての支援少なく、進む少子化 「結婚、出産避ける状況続く」 出生率4連連続低下

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

  5. ノーベル賞・本庶氏が小野薬品提訴を表明 オプジーボ特許使用料226億円求め

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです