メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊手術、被害者救済へ 静岡弁護団が結成大会 「確実に提訴へつなげる」 /静岡

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らが不妊手術を強いられた問題で、県内の弁護士27人からなる「旧優生保護法被害静岡弁護団」が14日、発足した。静岡市葵区の県産業経済会館では結成大会が開かれ、弁護士らが県内で強制手術を受けた人の救済に向けて、決意を新たにした。【古川幸奈】

 この日は、全国弁護団の共同代表を務める新里宏二弁護士(仙台弁護士会)が講演。強制手術の問題点を解説し「被害者が声を上げ続けていることで、国も動かざるを得なくなっている。手を緩めず確実に提訴につなげていきたい」と述べ…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文620文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  2. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  3. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  4. 青森4人死亡 飲酒運転で速度超過 32歳容疑者を逮捕
  5. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです