メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャパン碁コングレス

アジア女流棋士、しのぎ削り対局 /兵庫

真剣なまなざしで対局する女流棋士=兵庫県宝塚市のソリオホールで、松岡さつき撮影

 宝塚市立文化施設ソリオホール(市栄町2)などで開催中の「ジャパン碁コングレス」は14日、今大会の見どころの一つである女流棋士トーナメントが行われた。大勢の囲碁ファンが見守る中、韓国・台湾・日本・中国を代表する4人の女流棋士が、白熱した対局を繰り広げた。

 今年は18の国・地域から925人が参加。対局…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです