メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なくそう心の段差

身体障害者補助(盲導・介助・聴導)犬法16年 補助犬、認知向上を 普及進まぬ理由を分析 神戸 /兵庫

研究結果を発表する木村佳友さん(右端)と寄り添う介助犬デイジー。隣はアシスタントをした妻美智子さん=神戸市中央区で、高尾具成撮影

 補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)に関わる専門家らの研究発表会が14日、神戸大先端融合研究環統合研究拠点コンベンションホール(神戸市中央区)で開かれた。補助犬使用者や研究者、学生ら約100人が参加し、補助犬の普及と社会的認知の広がりに向け、研究成果や課題を共有した。【高尾具成】

 リハビリなどの医療・福祉、補助犬育成などの専門家、補助犬を必要とする障害者らで2008年に設立した「兵庫補助犬研究会」(事務局、三浦靖史・神戸大大学院准教授)が09年から続ける研究発表会。今年、10回目を迎えた。「医療機関における補助犬受け入れ状況の9年間での変化」などについての発表があり、日本介助犬使用者の会会長、木村佳友さん(58)=NPO法人「日本補助犬情報センター」理事=も妻美智子さん(56)…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文855文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  2. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 羽生結弦がMVP「本当に幸せ」 新設のISUスケーティング・アワード

  5. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 普天間とCハンセンで「ロックダウン」実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです