メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ピースサイクリング

長崎→広島へ出発 パレスチナ人平和活動家・アワドさん「希望抱いた」 /長崎

 広島原爆の残り火を長崎から広島まで自転車で運ぶ「ピースサイクリング」が14日、長崎市上西山町の諏訪神社をスタートした。参加のため初来日したパレスチナ人平和活動家のサミー・アワドさん(46)は「人間は過去から学ばず、破壊や殺し合いをしており、パレスチナでは占領が続く。長崎で人々が苦しみながらも平和のメッセージを世界に発信する姿を見て希望を抱いた」と話した。

 残り火は福岡県八女市星野村にともされ続けていて、「平和の火」と呼ばれる。

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  3. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  4. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです