メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

米バーモント州 廃炉に揺れる町 原発の次、悩む住民 「産業の誘致、夢追わず」

バーモントヤンキー原発

 米東部バーモント州で、バーモントヤンキー原発の廃炉準備が進んでいる。長期にわたる廃炉作業の安全をどう確保し、どんな産業を地域経済の次の柱にしていくのか。使用済み核燃料の処理は--。容易には答えの出ない問題に、小さな町が揺れている。

 「この町は多額の税収と、原発で働く多くの友人を一度に失ったんだ」。原発が立地するバーノンの町幹部、ジョシュア・ウンルーさん(37)は嘆く。安価なガス火力発電に押され、米電力大手エンタジーが約40年間にわたる運転を停止したのは2014年12月。人口2100人の町にとって、約500人の雇用を生み出し、固定資産税の2割を賄った原発の閉鎖は大きな衝撃だった。町幹部を補佐するミシェル・ポンさん(49)も「一挙に500人を雇うような産業の誘致は無理だろう。夢を追いかけるのではなく、経済の多様化を図っていくしかない」と話す。

 原発の正門に着くと、小学校まで300メートルほどしか離れていないことに驚く。住民の意見を廃炉作業に…

この記事は有料記事です。

残り1470文字(全文1895文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです