メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

真似っこビジネス

「真似すれば稼げる」とマニュアル売りつけ 消費者庁が注意呼びかけ

 「真似(まね)っこビジネス」「やることは真似をするだけ」などとうたった虚偽の広告をSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に出して、マニュアルを販売。有料コースに勧誘して高額な料金を支払わせたとして、消費者庁は、消費者安全法に基づき業者名「きれい」(東京都江東区)を公表し、注意を呼びかけた。マニュアルの購入者は約2900人。うち、約1200人が有料コースの代金を支払い、計約3億円の売り上げがあった。

 主な手口は自社のサイトでメールアドレスを登録させたあと、「電子マネープレゼント」「今だけ限定価格」…

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文812文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  5. 鉄パイプ 工事現場で落下 歩行者頭に刺さり重体 六本木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです