メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

真似っこビジネス

「真似すれば稼げる」とマニュアル売りつけ 消費者庁が注意呼びかけ

 「真似(まね)っこビジネス」「やることは真似をするだけ」などとうたった虚偽の広告をSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に出して、マニュアルを販売。有料コースに勧誘して高額な料金を支払わせたとして、消費者庁は、消費者安全法に基づき業者名「きれい」(東京都江東区)を公表し、注意を呼びかけた。マニュアルの購入者は約2900人。うち、約1200人が有料コースの代金を支払い、計約3億円の売り上げがあった。

 主な手口は自社のサイトでメールアドレスを登録させたあと、「電子マネープレゼント」「今だけ限定価格」といったメールを送信。1万5000円でネット通販のマニュアルを売りつけたうえ、「ビジネスの説明をする」と電話番号を聞き出し、5万~96万円の有料コースに入るよう、しつこく勧誘するというもの。消費者庁は、似た手口の事業者50社を確認している。

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文812文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京メトロ東西線の線路上に支障物 一時全線運行見合わせ 飯田橋駅付近

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 「富士山ビュー特急」運転席でふれあい 富士急イベントに親子連れが参加 山梨

  4. ヘイトスピーチ反対運動続けた崔江以子さんらに人権賞 罰則条例制定に貢献 東京弁護士会

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです