メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

橋爪大三郎・評 『国体論 菊と星条旗』=白井聡・著

 (集英社新書・1015円)

国体で読み解く日本近現代史

 国体をカギにすれば、戦前の破滅はもちろん、戦後の日本の閉塞(へいそく)も解明できる。この大胆な仮説で、平成日本の病巣をえぐり出す、いま注目の一冊だ。

 戦前の国体とは何か。《天皇を中心とする政治秩序》にすぎないはずが、天皇の国民→天皇なき国民→国民の天皇、の三段階を経て、《神権政治的…な「専制君主制国家」》に膨らんだ。天皇は国民を愛しているから、国民は天皇に尽くせ。この「国民の天皇」観が二・二六事件の前提だ。「君側の奸(かん)」を除けば天皇と国民の絆が回復するという幻想だ。それに悪乗りし軍部が戦争に突き進んだ。

 戦後の国体とは何か。天皇は主権を失い、マッカーサーが君臨した。アメリカが《天皇を通じて主権を行使す…

この記事は有料記事です。

残り1154文字(全文1489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです