メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奇跡の傍らで

災害弱者救う「連携」 新生児、妊婦に「共助」を=荻田和秀・りんくう総合医療センター産科医

マンガ「コウノドリ」Ⓒ鈴ノ木ユウ/講談社

 6月18日午前8時前、病棟を一回りした頃、ぐらぐらと揺れを感じました。間髪を入れず患者さんの携帯から緊急地震速報の警報が鳴り響きました。「これは震源地が近いな」と思いながら重症の患者さんの所に行き、ベビー室をチェックし、新生児集中治療室で問題がないか確認して8時15分ごろ、デスクに戻りました。震源は大阪北部、最大震度6弱の直下型地震とわかり、「出動」を覚悟しました。

 消防団に入っているわけではありません。僕は大阪府の「災害時小児周産期リエゾン」なのです。

この記事は有料記事です。

残り1070文字(全文1300文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  5. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです