メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奇跡の傍らで

災害弱者救う「連携」 新生児、妊婦に「共助」を=荻田和秀・りんくう総合医療センター産科医

マンガ「コウノドリ」Ⓒ鈴ノ木ユウ/講談社

 6月18日午前8時前、病棟を一回りした頃、ぐらぐらと揺れを感じました。間髪を入れず患者さんの携帯から緊急地震速報の警報が鳴り響きました。「これは震源地が近いな」と思いながら重症の患者さんの所に行き、ベビー室をチェックし、新生児集中治療室で問題がないか確認して8時15分ごろ、デスクに戻りました。震源は大阪北部、最大震度6弱の直下型地震とわかり、「出動」を覚悟しました。

 消防団に入っているわけではありません。僕は大阪府の「災害時小児周産期リエゾン」なのです。

この記事は有料記事です。

残り1070文字(全文1300文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 衆院内閣委 片山さつき氏、看板の条例違反認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです