メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

空回り豪栄道3敗

豪栄道(右)を突き落としで破る貴景勝=ドルフィンズアリーナで2018年7月14日、兵藤公治撮影

7日目(14日・ドルフィンズアリーナ)

 関脇・御嶽海が琴奨菊を寄り切り、無傷の7連勝で単独トップを守った。1敗はいずれも平幕で遠藤、千代大龍、朝乃山の3人。カド番大関は高安が阿炎を寄り倒して5勝目を挙げた一方、豪栄道は貴景勝に突き落とされ、3敗目。新大関の栃ノ心は右足親指を痛め、この日から休場。再出場しなければ来場所はカド番になる。

この記事は有料記事です。

残り1685文字(全文1852文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです