メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

熊本地震で被災のボランティア、汗ぬぐって恩返し

炎天下で倉庫から水につかった肥料などを運び出す佐藤さん(右)ら=愛媛県大洲市菅田町で2018年7月14日午後0時50分、片平知宏撮影

 記録的な豪雨で被害を受けた西日本各地の被災地は14日、豪雨以降初の週末を迎えた。家族や友人を亡くしたり、家を失ったりした被災者の悲しみは癒えることはなく、広島ではこの日も相次いで新たな犠牲者が確認された。一方で、猛暑の中、全国各地から多くのボランティアが集結。被災者の支援に汗を流し、共感や思いやりの輪が広がった。

 肱川(ひじかわ)が氾濫して市内が広範囲で浸水した愛媛県大洲市は、この日の最高気温が36・2度。熊本県阿蘇市から来た会社員の佐藤浩二さん(56)は流れる汗をぬぐいながら、1人暮らしの女性(47)宅の倉庫で浸水した農機具の片付けを行った。

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文1024文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです