メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

「助けたい」献身の汗 ボランティア「熊本の恩返し」

住宅の片付け作業を手伝うボランティア=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月14日午前9時50分、猪飼健史撮影

 記録的な豪雨で被害を受けた西日本各地の被災地は14日、豪雨以降初の週末を迎えた。家族や友人を亡くしたり、家を失ったりした被災者の悲しみは癒えることはなく、広島ではこの日も相次いで新たな犠牲者が確認された。一方で、猛暑の中、全国各地から多くのボランティアが集結。被災者の支援に汗を流し、共感や思いやりの輪が広がった。

 肱川(ひじかわ)が氾濫して市内が広範囲で浸水した愛媛県大洲市は、この日の最高気温が36・2度。熊本…

この記事は有料記事です。

残り1268文字(全文1476文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです