メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「パンク侍、斬られて候」 超シュールな時代劇

 主演・綾野剛、脚本・宮藤官九郎、監督・石井岳龍(福岡県出身)の映画「パンク侍、斬られて候」(公開中)はかなりぶっ飛んでいる。いい意味で。

 原作は芥川賞作家、町田康の同名時代小説。「高校大パニック」や「狂い咲きサンダーロード」「逆噴射家族」などを手がけ、国際的に高い評価を得ている鬼才・石井がまた一つ怪作を生み出した。

 のどかな景色が広がる街道沿い。浪人の掛十之進(かけじゅうのしん)(綾野)は休息していた巡礼の父娘に…

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文883文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです