メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 連載4回目です。そろそろ、誰も排除しない「まぜこぜの社会」をめざす一般社団法人「Get in touch」を設立したいきさつを。その前に、そもそも社会的な活動を始めたきっかけからお話ししたいと思います。

 始まったのは26年前、32歳の時でした。エイヤッという自発的な行動なので、ボランティア活動と呼ばれています(本来のボランティアの意味は「自発的」な行為のことで「無償」という意味はありません。とはいえ、私は今も無償で活動中)。

 たまたま見た17歳の難病の少年のドキュメンタリー番組が、私の人生を変えました。涙ものでした。が、大…

この記事は有料記事です。

残り1495文字(全文1760文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
  3. 神奈川知事選 現職と新人の2氏が届け出 県政継続の是非が争点
  4. ドラマ◎NHK 「いだてん」降板、瀧容疑者へ損害賠償請求検討(スポニチ)
  5. 三重知事選 現職と新人の2氏が届け出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです