メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 連載4回目です。そろそろ、誰も排除しない「まぜこぜの社会」をめざす一般社団法人「Get in touch」を設立したいきさつを。その前に、そもそも社会的な活動を始めたきっかけからお話ししたいと思います。

 始まったのは26年前、32歳の時でした。エイヤッという自発的な行動なので、ボランティア活動と呼ばれています(本来のボランティアの意味は「自発的」な行為のことで「無償」という意味はありません。とはいえ、私は今も無償で活動中)。

 たまたま見た17歳の難病の少年のドキュメンタリー番組が、私の人生を変えました。涙ものでした。が、大…

この記事は有料記事です。

残り1495文字(全文1760文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫
  3. 新潮45 「杉田論文」で社長コメント 「常識逸脱した」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです