練習ミス

罰マラソンで中2男子が熱中症 大津

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大津市教委は、市立南郷中のソフトテニス部に所属する2年生の男子生徒(14)が今月12日に、練習ミスの罰として「校舎外周を80周走れ」と顧問の男性教諭(31)から指示され、途中で倒れて救急搬送されたと14日、発表した。生徒は熱中症と診断され、現在は快方に向かっている。市教委は「生死に関わる許されない行為。申し訳ない」としている。彦根地方気象台によると、大津市の12日午後4時の気温は30.1…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

あわせて読みたい

注目の特集