メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

避難所に間仕切り設置 プライバシー確保

避難所の体育館に設置された間仕切り=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月14日午後4時10分、猪飼健史撮影

 西日本豪雨で長引く避難生活を少しでも快適に過ごしてもらおうと、大規模な浸水に見舞われた岡山県倉敷市真備町地区の避難所で14日、プライバシー確保のための間仕切りが設置された。

 紙製のパイプを組み立てて、幅、奥行き、高さが各2メートルの枠組みを作り、カーテンを取り付け簡易的な「個室」を作る。考案者で世…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  2. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  3. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  4. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです