メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

避難所に間仕切り設置 プライバシー確保

避難所の体育館に設置された間仕切り=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月14日午後4時10分、猪飼健史撮影

 西日本豪雨で長引く避難生活を少しでも快適に過ごしてもらおうと、大規模な浸水に見舞われた岡山県倉敷市真備町地区の避難所で14日、プライバシー確保のための間仕切りが設置された。

 紙製のパイプを組み立てて、幅、奥行き、高さが各2メートルの枠組みを作り、カーテンを取り付け簡易的な「個室」を作る。考案者で世…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上
  3. 世界の雑記帳 工場から液状チョコあふれ道路に、ドイツ西部で消防隊が緊急出動
  4. 面前DV判決 元少年に必要なのは…重い刑罰か治療か 
  5. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです