メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

中国が存在感 目立つ観客に企業看板

中国企業の出展が目立つサッカーW杯ロシア大会のモスクワ・ルジニキ競技場=2018年7月11日午後5時42分、大谷津統一撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、試合が行われるピッチの外で存在感を示しているのが中国だ。中国代表チームが出場していないにもかかわらず、どの試合会場でも中国人の団体や個人で訪れるファンが目立った。競技場には中国企業の看板や出展が多く、旺盛な投資意欲が垣間見える。

 国際サッカー連盟(FIFA)によると、今大会に出場していない国の中では、約9万枚で最多の米国に次いで多い約4万枚のチケットが中国で販売された。

 金融業の翰林さん(29)は準々決勝のフランス-ウルグアイ戦(6日)を見るためだけに瀋陽からニジニー…

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文1036文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです