メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

栃ノ心休場、カド番危機 再出場は微妙

栃ノ心=東京・両国国技館で2018年5月、長谷川直亮撮影

 大相撲名古屋場所7日目は14日、力強い相撲で初日から5連勝した新大関・栃ノ心が一転、カド番の危機を迎えた。初黒星を喫した6日目の玉鷲戦で負傷し、7日目から休場。「良くなったら出る」と再出場に意欲を見せるが、右足親指の靱帯(じんたい)損傷で約1カ月の休養を要すると診断されただけに、カド番が回避できるか、微妙な状況だ。

 19年ぶりの3横綱全員休場に加え、夏場所までの今年3場所で鶴竜の38勝に次ぐ37勝を挙げていた栃ノ…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです