メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外白鵬が全勝優勝 最多更新の42回目 横綱対決制す
ウィンブルドン

ジョコビッチ決勝へ ナダル降し3年ぶり

3年ぶりに決勝に進んだジョコビッチ=AP

 【ウィンブルドン浅妻博之】テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第12日は14日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで男子シングルス準決勝が行われ、第12シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)を6-4、3-6、7-6、3-6、10-8でフルセットの末に降し、3年ぶりに決勝に進んだ。前日に午後11時を回ったため大会規定により順延となり、第4セットから再開した。

 もう1試合は、第8シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)が、第9シードのジョン・イスナー(米国…

この記事は有料記事です。

残り810文字(全文1070文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」
  3. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  4. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  5. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです