メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウィンブルドン

ジョコビッチ決勝へ ナダル降し3年ぶり

3年ぶりに決勝に進んだジョコビッチ=AP

 【ウィンブルドン浅妻博之】テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第12日は14日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで男子シングルス準決勝が行われ、第12シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)を6-4、3-6、7-6、3-6、10-8でフルセットの末に降し、3年ぶりに決勝に進んだ。前日に午後11時を回ったため大会規定により順延となり、第4セットから再開した。

 もう1試合は、第8シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)が、第9シードのジョン・イスナー(米国)を7-6、6-7、6-7、6-4、26-24で破り、初めて決勝に進んだ。同種目で南アフリカ勢が決勝に進出したのは97年ぶり。試合時間は6時間36分で、2010年の1回戦、イスナー-ニコラ・マユ(フランス)戦の11時間5分に次いで史上2番目の長さとなった。

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文1070文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです