メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州ニュースアラカルト

世界初 3Dプリンターで架かる橋

上部から見た橋の主要部分。流れるようなデザインが特徴だ。架設時には底板が取りつけられる=MX3D提供

 オランダの首都アムステルダム中心部の運河に、3Dプリンターで造られたステンレス製の橋を架ける世界で初めての計画が進んでいる。地元のスタートアップ企業「MX3D」が中心となり、デザイン事務所や橋りょうメーカー、ソフト会社など国内外から20の事業者と大学、アムステルダム市が参加する共同プロジェクトだ。

 MX3Dのプリンターは、製造業の現場で使われている人間の腕(アーム)のような形の産業ロボットの先端に溶接機のノズルに似た専用機器を取り付けた。動くアーム部分の先から高温のステンレスが1時間に1~3キログラムのスピードで「出力」され、空中に絵を描くように少しずつ層を重ねる。

 橋は今年4月、造船所を改築したアムステルダムの工房で全長約12メートルの主要部分が完成した。4台の…

この記事は有料記事です。

残り1444文字(全文1781文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

八田浩輔

ブリュッセル支局 2004年入社。京都支局、科学環境部、外信部などを経て16年春から現職。欧州連合(EU)を中心に欧州の政治や安全保障を担当している。エネルギー問題、生命科学と社会の関係も取材テーマで、これまでに科学ジャーナリスト賞、日本医学ジャーナリスト協会賞を受賞(ともに13年)。共著に「偽りの薬」(毎日新聞社)。Twitter:@kskhatta

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです