メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

米同時テロ遺族ら県内訪問 惨事、助け合い乗り越える ふたば未来学園高で交流 /福島

痛み分かち合い、体験共有

 米同時多発テロの遺族らでつくる「9・11家族会」のメンバーらが13日、県内を訪れ、東京電力福島第1原発事故の被災地に開校した県立ふたば未来学園高(広野町)で生徒と交流した。ニューヨークの高校生、ジュリア・ガードナーさん(14)は「3・11と9・11の原因は違うが、乗り越えるために助け合うことが大事だと気付いた」と語り掛けた。

 3年の関根颯姫さん(17)が、放射性物質におびえた日々や、避難した転校先でいじめを受けた経験から、…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文565文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

  4. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  5. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです