メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おおさかの市民パワー

リカバリハウスいちご 支え合って回復へ 依存症と闘う人に居場所 /大阪

にこやかに打ち合わせする佐古恵利子さん(右端)らスタッフ=大阪市住吉区のリカバリハウスいちご長居で、中尾卓司撮影

 <福祉・保健><まち・雇用><子ども・教育>

 アルコールや薬物の依存症は回復できる病気であり、多くの人が回復している。回復施設「リカバリハウスいちご」は利用者に居場所や作業を提供している。依存症と闘う利用者は、仲間とともにさまざまなプログラムに取り組む。一人一人が孤立しないように、一緒に食事を取るなど、支え合いの温かい空気に包まれていた。

 「いちごとの出会いがターニングポイントだった。『飲まない生き方』という選択肢に巡り合えた」「かつて…

この記事は有料記事です。

残り1102文字(全文1323文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  3. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  4. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  5. 「しつけ…」小学校高学年の息子をバットで殴打の疑い 34歳逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです