連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

プラスチック便利だけど? 分解されにくい特性 欧州は法規制検討=回答・八田浩輔

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
世界のプラスチックの生産量
世界のプラスチックの生産量

 なるほドリ 世界の海にプラスチックごみがたまっているって聞いたよ。どうして?

 記者 主に石油(せきゆ)を原料(げんりょう)とする合成樹脂(ごうせいじゅし)を指すプラスチックは自然に分解(ぶんかい)されにくく、不用意に捨てられたものがたまり続けているのです。自然環境(しぜんかんきょう)で分子(ぶんし)のレベルまで分解されるには何百年、何千年もかかるとされます。海に流出したレジ袋やコップなどは波や太陽光の影響(えいきょう)で破砕(はさい)されて小さくなりますが、プラスチックの特性(とくせい)は残ります。5ミリ以下になったものはマイクロプラスチックと呼ばれ、小さな生き物に取り込まれたり、日本国外では水道水からも検出(けんしゅつ)されたりしています。人体への影響についても研究が始まっています…

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文868文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集