メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

小惑星探査の意義 宇宙航空研究開発機構シニアフェロー・川口淳一郎氏

「はやぶさ2」こそ本番機

 日本の探査機はやぶさ2が、小惑星リュウグウに到着した。度重なるトラブルを乗り越えて地球帰還を果たした探査機はやぶさ=1=の後継機だが、その誕生は困難を極めた。はやぶさプロジェクトを率い、はやぶさ2構想を生み出した川口淳一郎・宇宙航空研究開発機構(JAXA)シニアフェロー(62)に、小惑星探査への思いを聞いた。【聞き手・永山悦子、写真・西本勝】

--はやぶさ2の小惑星までの往路はトラブルもなく、完璧でした。

この記事は有料記事です。

残り2714文字(全文2930文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  2. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  3. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  4. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです