連載

そこが聞きたい

ニュースの最前線にいる当事者や識者にインタビュー。キーワード付きでわかりやすく。

連載一覧

そこが聞きたい

小惑星探査の意義 宇宙航空研究開発機構シニアフェロー・川口淳一郎氏

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

「はやぶさ2」こそ本番機

 日本の探査機はやぶさ2が、小惑星リュウグウに到着した。度重なるトラブルを乗り越えて地球帰還を果たした探査機はやぶさ=1=の後継機だが、その誕生は困難を極めた。はやぶさプロジェクトを率い、はやぶさ2構想を生み出した川口淳一郎・宇宙航空研究開発機構(JAXA)シニアフェロー(62)に、小惑星探査への思いを聞いた。【聞き手・永山悦子、写真・西本勝】

--はやぶさ2の小惑星までの往路はトラブルもなく、完璧でした。

この記事は有料記事です。

残り2714文字(全文2930文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集