特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 豊島将之八段-稲葉陽八段 第1局の2

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

水面下の読み合い

 図は豊島が3四にいた飛車を8四へ転換したところ。ともに飛車を縦横に使い、横歩取り空中戦らしい展開である。

 次の一手は当然[後]7二玉と思っていたが、稲葉はわずか1分で[後]8二歩と手堅く受けた。[後]7二玉は[先]6五桂で危険と見た。[後]同飛なら[先]3三角成[後]同桂[先]8三角で王手飛車がかかる。

 だが、そうはならない。豊島は感想戦で「[先]6五桂と跳べるかよく分かっていなかった」と明かしている。[後]7二玉[先]6五桂[後]8三歩[先]8五飛[後]5四飛[先]4五桂[後]8八角成[先]同銀[後]6二金(参考図)と進み、「そのあとどう指してよいか……」と言葉を濁した。先手には[先]5三桂左(または右)成の切り札こそあれ、決め損なえば不利を招く。

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文655文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集