メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

能力勝負 ママドラフト会議

希望する働き方や自らの強みをアピールする「ママドラフト会議」=東京都中央区で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 結婚や出産の後に再び働きたくても、以前のようにやりがいのある仕事を、どう見つければいいか分からない--。そんな時に企業との橋渡しをする「ママドラフト会議」をご存じだろうか。

 ●「完璧」アピール

 「社会に必要とされ続けたい」「必ず良い仕事でお応えします」

 6月、東京都中央区。この日のママドラフト会議の対象になったのは6人の女性だ。約40人の経営者や採用担当者が見守る中、1人ずつ登壇して4分間のスピーチに挑む。かつて社内外で表彰された実績、妊娠・子育て中に勉強して取得した資格……。身ぶり手ぶりを交えながら、自分の長所をアピールしていく。質疑応答の後、「いつか一緒に働きたい」と判断した企業が「いいね!」の四角い札を掲げると、ママたちの笑顔があふれた。

 カナダ人の夫、6歳の長女と3人で暮らす川崎裕子さん(42)=埼玉県草加市=は地方公務員歴18年。夫…

この記事は有料記事です。

残り1736文字(全文2129文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬古氏、MGC3位の大迫にファイナルチャレンジ回避の勧め

  2. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです