メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

能力勝負 ママドラフト会議

希望する働き方や自らの強みをアピールする「ママドラフト会議」=東京都中央区で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 結婚や出産の後に再び働きたくても、以前のようにやりがいのある仕事を、どう見つければいいか分からない--。そんな時に企業との橋渡しをする「ママドラフト会議」をご存じだろうか。

 ●「完璧」アピール

 「社会に必要とされ続けたい」「必ず良い仕事でお応えします」

 6月、東京都中央区。この日のママドラフト会議の対象になったのは6人の女性だ。約40人の経営者や採用担当者が見守る中、1人ずつ登壇して4分間のスピーチに挑む。かつて社内外で表彰された実績、妊娠・子育て中に勉強して取得した資格……。身ぶり手ぶりを交えながら、自分の長所をアピールしていく。質疑応答の後、「いつか一緒に働きたい」と判断した企業が「いいね!」の四角い札を掲げると、ママたちの笑顔があふれた。

 カナダ人の夫、6歳の長女と3人で暮らす川崎裕子さん(42)=埼玉県草加市=は地方公務員歴18年。夫の職場が遠く、出産後に復職して平日は別々に暮らしてきたが、同居のため仕事を断念した。英語が得意で通訳や国際交流の経験があることや、正確さが求められる行政事務をこなして「完璧さん」と呼ばれていたエピソードなどを披露。「自分の血が騒ぐほど、細かな事務をしたい」。そう打ち明けて会場を和ませ、グランプリに選…

この記事は有料記事です。

残り1586文字(全文2129文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. 新型コロナ関連の解雇6万人超す 20日余りで1万人増 厚労省

  3. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです