メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Dr.北村が語る現代思春期

恋愛に消極的な若者 厳しい懐事情も影響か

 クリニックには日々の出来事を思う存分話してくれる患者が受診していますので、ネタに困ることはありません。「面白い話題ない?」と迫ると、「また、先生の連載記事のネタ探しですか」と返されるのが常です。そんな中、最近では、恋愛の楽しさを喜々として語る女性との出会いがとんと少なくなっています。

 「草食」、今では「絶食」とまで言われている日本男子のこと。「街コンに出かけていったのに、まともに話せる男性がいない。帰り際にメルアドの交換でもするのかなあと思いきや、『今日はありがとう。楽しかった』と。何しに来ているのか」と。そんな話を聞きながら、「あなたに魅力を感じなかっただけ」と言いたい気持ちをぐっと抑えながら、「いい男がいたら食っておしまい」と口にしていました。「どうしたら、いい人をゲットできますか」との質問もよく受けるのですが、僕は決まって、「大切なことは人探しではなくて、自分磨きだよ」と答えることにしています。魅力ある自分が作られていけば周囲…

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文1059文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. ORICON NEWS 香取慎吾、SNS上の誹謗中傷を捜査する刑事役「ドラマが持っている力」に期待

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「こんな日が来るとは」 大相撲・大栄翔の埼玉出身力士初Vに県民歓喜

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです