メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・きらり

歌って踊り届ける笑顔 似顔絵パフォーマー・桜小路富士丸さん

歌いながら即興で描いた似顔絵を披露する桜小路富士丸さん。絵は記念にその場でモデルとなった客に贈られる=東京都目黒区で5月26日

 <ki ra ri>

 東京・自由が丘の商店街で5月下旬に開かれたイベントに、チョウ柄の黒いドレス姿で登場した。特設ステージの上から客席を眺めて「モデル」を選び、その容姿や特徴を高らかに歌い上げる。

 「面長でおめめは細い。眉毛はもじゃもじゃ、もっじゃもじゃ♪」

 歌に合わせてすらりとした腕を動かし、幅50センチ、高さ75センチの白紙に豪快に筆を走らせる。約10分後、面白おかしく誇張した似顔絵を描き上げた。ステージは笑いと拍手に包まれ、すでに彼女の独壇場だ。家族連れの男性と目が合うと、「ステキな旦那様。今日はご家族でいらしたの? 幸せそうで何よりね。その家庭、壊したいわ」。軽妙な語り口で場を盛り上げる。

 似顔絵を描くエンターテイナーとして、商店街や遊園地など全国各地のイベントに出演。確かな絵の才能を持…

この記事は有料記事です。

残り1278文字(全文1631文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  2. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  5. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです