メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ロシアW杯

サッカー 決勝 フランス4-2クロアチア フランス4点戴冠 乱戦制し20年ぶり

【フランス-クロアチア】後半、フランス3点目のゴールを決めて喜ぶフランスのポグバ(奥右から2人目)=ロシア・モスクワのルジニキ競技場で2018年7月15日、長谷川直亮撮影

 <Russia 2018 WorldCup>

 ■決勝(15日 モスクワ・ルジニキ)

フランス 4 2-1 2 クロアチア

       2-1

 世界一の座に輝いたのはフランスだった。サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は最終日の15日、モスクワ・ルジニキ競技場で決勝が行われ、フランスがクロアチアを4-2で破り、20年ぶり2度目の優勝を果たした。優勝回数は5度のブラジル、4度のイタリアとドイツに次ぎ、ウルグアイとアルゼンチンに並ぶ4位タイとなった。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキング7位のフランスは前半18分にオウンゴールで先制し、10分後に…

この記事は有料記事です。

残り2470文字(全文2747文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  3. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  4. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです