メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

ハンセン病訴訟、家族と被害訴え 国提訴の男性

講演会で体験を語る、旧優生保護法訴訟の原告男性(右)とハンセン病元患者家族訴訟の原告女性(左)=東京都東村山市の国立ハンセン病療養所「多磨全生園」で2018年7月15日午後3時4分、丸山博撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられたとして国に損害賠償を求める訴訟を起こした男性(75)と、ハンセン病元患者家族訴訟の原告の女性(59)が15日、東京都東村山市のハンセン病療養所、多磨全生園で行われた講演会に出席、経験を語った。講演会に約150人が参加。「問題の根は一緒。訴訟でも連携したい」との声が上がった。

 男性は知的障害などの診断は受けていなかったが、中学生の時に仙台市内の教護院(当時)の職員に促され、…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 渓流釣り中 クマ襲撃、空手高段者 目つぶしで撃退 群馬

  3. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

  4. ネカフェ生活6年の男性に重い2% また路上生活か…とかすむ夢

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです