メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

下関市

市と陸連 認識にズレ 下関陸上競技場公認問題

下関陸上競技場のトラック。奥の2レーンは改修済みで、手前側が改修の必要性が指摘されている3~8レーン=山口県下関市向洋町の下関陸上競技場で、上村里花撮影

 山口県下関市営の下関陸上競技場(下関市向洋町)が日本陸上競技連盟(日本陸連)の公認検定で保留(不合格)となった。1年以内に改修をしなければ、公認取り消しとなる。ただ、不合格となった理由は、5年前の前回検定時にも指摘を受けた問題だった。市はなぜ5年間も手をこまねいていたのか。関係者を取材すると、市と日本陸連との認識のズレが見えてきた。【上村里花】

 2013年の前回認定には、4項目の条件が付いていた。市はうち3項目について14年度までに改修を実施…

この記事は有料記事です。

残り1055文字(全文1279文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです