メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外習近平氏、6月訪日の意向表明 国家主席就任後初
西日本豪雨

夏の風物詩「三次の鵜飼」再開のめど立たず

泥で汚れた遊覧船を拭く中学生たち=広島県三次市馬洗川の鵜飼乗船場で、岡本幸信撮影

 西日本豪雨の影響で、広島県三次市の夏の風物詩「三次の鵜飼」が営業を中止した。濁流で馬洗川(ばせんがわ)の川底が荒れ、鵜飼乗船場がほとんど水没したほか、鵜舟や遊覧船の一部も損傷したためで、再開のめどは立っていない。

 鵜飼乗船場は流木と土砂に埋まった。計17隻のうち鵜舟1隻と遊覧船6隻が壊れ、2隻は廃船となった。29羽のウは6日夜、日坂文吾さん(45)ら鵜匠(うしょう)3人が避難させて無事だったが、鵜…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです