メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

親が片付け中に子供預かるボランティアも

水につかった地域の幼稚園から園児を受け入れている市立薗幼稚園。熱中症対策としてクーラーボックスで冷やした水やお茶を30分ごとに園児に飲ませているという=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月15日、小松雄介撮影

 西日本豪雨の被災地では、幼い子供を持つ被災者向けに預かり保育が始まった。親が家の片付けなどに追われ、土ぼこりが舞うなど周辺環境も悪化しているためだ。連休中はボランティアのスタッフも参加し、一役買っている。【高橋祐貴、林田奈々、今野悠貴】

 約4600世帯が浸水した岡山県倉敷市真備(まび)町地区。市は3連休中、浸水を免れた2幼稚園を開放している。このうち市立薗(その)幼稚園では15日、3~7歳の12人を預かり、女子大学生ら10人以上がボランティアで来園。一緒にかくれんぼや鬼ごっこをし、明るい声が響いた。

 小学1年の息子を預けた40代の母親は「自宅の片付けだけでなく、役所の手続き、今後の生活を考える時間…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村屋」が中華まんミュージアムを25日に開館 全国初
  2. ORICON NEWS クロちゃん、脳動脈瘤の手術成功「健康を維持しなきゃいけないと思いました!」
  3. ザギトワ選手 再び「まどマギ」魔法少女まどかに メドベージェワ選手がほむらに “金銀コンビ”が日本CM初共演
  4. 米国 超音速兵器に危機感 中露優勢、迎撃難易度高く
  5. 元タレント羽賀研二受刑者を逮捕へ 強制執行妨害の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです