メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講演会

ハンセン病、強制不妊で経験語る「根は一緒」

講演会で体験を語る、旧優生保護法訴訟の原告男性(右)とハンセン病元患者家族訴訟の原告女性(左)=東京都東村山市の国立ハンセン病療養所「多磨全生園」で2018年7月15日午後3時4分、丸山博撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられたとして国に損害賠償を求める訴訟を起こした男性(75)と、ハンセン病元患者家族訴訟の原告の女性(59)が15日、東京都東村山市のハンセン病療養所、多磨全生園で行われた講演会に出席し、自身の経験などを語った。講演会には約150人が参加。「二つの問題の根は一緒。訴訟でも連携したい」との声が上がった。

 男性は知的障害などの診断は受けていなかったが、中学生の時に暮らしていた仙台市内の教護院(当時)の職…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文544文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. インタビューシリーズ・温故知新 /上 高木ブー ネタ会議! 全員ギラギラ 音楽で始まり、人の輪も広がった
  3. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  4. アジア大会 バドミントン桃田快勝 男子団体、準々決勝に
  5. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです