メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

御嶽海、単独トップ堅持

【大相撲名古屋場所8日目】千代の国(右)を寄り切りで降した御嶽海=ドルフィンズアリーナで2018年7月15日、兵藤公治撮影

 大相撲名古屋場所8日目の15日、関脇・御嶽海が千代の国を寄り切り、中日で勝ち越した。単独トップも堅持した。1敗は妙義龍を退けた遠藤と、碧山に快勝した朝乃山の平幕2人。カド番大関は高安が6勝目、豪栄道が5勝目を挙げた。十両の安美錦は豪風に勝ち、通算872勝目を挙げ、歴代8位の元横綱・大鵬に並んだ。

高安、大関の意地

 ○…カド番大関の高安が2敗を守った。初顔合わせの輝は懐に入るとしぶとい。「踏み込もうと思った…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです