メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

バンドネオン奏者・小松亮太の「ブエノスアイレスの四季」 「革命児」の挑戦受け継ぐ

=根岸基弘撮影

 電話をかけては断られる毎日だった。1990年代半ば、自身のバンドを結成し、出演先を探していた小松亮太は情報誌『ぴあ』に掲載されているライブハウスの番号をひたすらダイヤルしていた。

 「バンドネオン弾きの小松です」「タンゴをやっているのですが」。必死に売り込むも、「バンドネオンって何ですか」と判で押したように冷たくあしらわれた。「今から考えると信じられないのですが、タンゴと言うだけで電話を切られました」。小松は当時を振り返る。

 そんなある日、「ピアソラの曲とかやるのですが」と言ってみた。クラシックやジャズなどの要素を取り入れ…

この記事は有料記事です。

残り1656文字(全文1920文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  2. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  3. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道
  4. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです