メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡
キャンパる・なにコレ!?

社会人メンター制度 経験語り将来像を提示

社会人と直接会話するメンターフェアで、メンター(左)と対話する記者=昭和女子大学で

 大学生が将来設計を考えるとき、何を参考にすればいいのだろうか。昭和女子大学(東京都世田谷区)では、社会人との直接の交流から将来像を抱けるよう「社会人メンター制度」を実施している。記者も参加してみた。

 制度が始まったのは2011年。学生が「なりたい自分」を具体的に想像する際には、社会人のロールモデルが必要だと考え、社会人メンターネットワーク運営委員が「メンター」と呼ぶ社会人を募集した。当初は100人程度の募集予定だったが応募者が多く、現在は300人ほどの社会人が在籍している。

 メンターは全員女性。同大の卒業生に限定せず、金融やマスコミなど多くの業種から登録。会社員だけでなく…

この記事は有料記事です。

残り940文字(全文1230文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  3. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  4. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです