メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・なにコレ!?

社会人メンター制度 経験語り将来像を提示

社会人と直接会話するメンターフェアで、メンター(左)と対話する記者=昭和女子大学で

 大学生が将来設計を考えるとき、何を参考にすればいいのだろうか。昭和女子大学(東京都世田谷区)では、社会人との直接の交流から将来像を抱けるよう「社会人メンター制度」を実施している。記者も参加してみた。

 制度が始まったのは2011年。学生が「なりたい自分」を具体的に想像する際には、社会人のロールモデルが必要だと考え、社会人メンターネットワーク運営委員が「メンター」と呼ぶ社会人を募集した。当初は100人程度の募集予定だったが応募者が多く、現在は300人ほどの社会人が在籍している。

 メンターは全員女性。同大の卒業生に限定せず、金融やマスコミなど多くの業種から登録。会社員だけでなく…

この記事は有料記事です。

残り940文字(全文1230文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです