メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

会場、見えてきた

 東京都は17日、開幕まで24日で残り2年となる2020年東京五輪に向けて都が建設を進めている競技会場を報道陣に公開した=写真・佐々木順一撮影。葛西臨海公園(江戸川区)の隣接地ではカヌー・スラローム競技場としては国内初の人工コースが姿を現し始めた。都によると、この競技場の整備費は73億円で、19年5月に完…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文384文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  2. 感染拡大でもなかなか減らない通勤 「窮屈な」日本特有の働き方

  3. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  4. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

  5. 新型コロナ感染の大阪・毎日放送役員が死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです