メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
アメリカンフットボール

日大新監督に元立命大コーチ 選考委、橋詰氏で一本化

 日本大アメリカンフットボール部の新監督を選ぶ外部の弁護士ら有識者で構成する選考委員会が、元立命館大コーチの橋詰功氏(54)に監督候補を一本化した。17日、関係者が明らかにした。悪質タックルを指示したとされて辞任した内田正人前監督(62)の後任となる。

 外部のアメフットの指導経験者ら7人の有識者が、日大OBを除外して公募した69人から選考していた。京都大元…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 「異議あり」が届く国会に

  3. 富士山山頂付近で落石 登山中の20代女性死亡

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 東証大幅反落、終値は449円安 米中貿易摩擦の激化を警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです