メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

となりのファーマー

/28 ゆいまるファーム能勢(大阪府能勢町) 濃厚な甘酒、風薫る田から

山の緑と空の青がまぶしい=大阪府能勢町で、松井宏員撮影

 この連載はタイトル通り「お隣の農家」、都市近郊農家を取り上げているが、たまに山里に行くと、開放的な景色に伸びやかな気分になる。今回訪ねた大阪府能勢町はまさにそうだった。

 能勢富士のふもと、一面に田んぼが広がり、水を張った田を風が渡っていく。今中重美さん(59)の家の軒先では、ツバメの子が飛ぶ練習をしていた。ここは今中さんの実家。「気ままな末娘が12年前、子ども2人を連れて、横浜から戻ってきたんです」

 当時、母が一人で暮らしていたので、誰かが一緒に住まないと、と思ったのだが、兄たちからは「畑仕事、できひんやろ」と言われた。子どものころ、兄たちは農作業を手伝っていたが、自分は横目で見ているだけだった。「でも『やる』と言わないと住ませてくれへんから」

この記事は有料記事です。

残り1495文字(全文1822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 新たな感染者195人 2日連続で100人超える 新型コロナ

  2. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  3. 近鉄南大阪線で電車の窓ガラス破損相次ぐ 原因不明

  4. かわいさにメロメロ スナネコの赤ちゃん公開 神戸どうぶつ王国

  5. 村上春樹をめぐるメモらんだむ 影響を感じさせる「愛読書」を翻訳 村上さんが「菅ちゃん」と呼んだわけ=完全版

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです